大型紙芝居 けこみ座(協力団体)

地域での公演活動

けこみ座のメンバーは、自分自身の不登校を克服してきた経験を活かして、生き生きと活動しています。

公演は、「引佐人形劇祭り」「飯田人形劇フェスタ」「太陽と子どものまつり」などのイベントや、保育園・福祉施設などで行います。




手づくり紙芝居コンクール 優秀賞

豊橋市赤沢のお寺で
豊橋市赤沢のお寺で
2013年度全国手づくり紙芝居コンクールで、豊橋の民話を題材にした「村を救った久作」が優秀賞を受賞しました。地元のお寺に古くから祀られている仏様のお話。
脚本はけこみ座座長の濵田哲郎。
原画は地元豊橋の主婦、鈴木佐知子さん。
けこみ座座員が大型紙芝居に仕立てました。ぜひ、ご覧ください。

全国で巡回公演

甑島の巡回公演で島巡り
甑島の巡回公演で島巡り
全国で巡回公演を行っています。中でも、塾長の故郷、鹿児島県甑島(こしきじま)公演は、地元の方々の盛りだくさんの温かさに触れ、忘れられない想い出となりました。
いなさ人形劇まつりで座員紹介
いなさ人形劇まつりで座員紹介
たたみ1畳以上もある大きな紙芝居。音響、配役、引き、ナレーターと、多い時は10人で演じます。小さな紙芝居にはない迫力と魅力があって、子どもも大人も楽しんでくださいます。